• shopping cart

2021/06/02 00:43




CONCEPT

ジュエリーの上質さと

アクセサリーのカジュアルさを併せ持つ

新しいカジュアルジュエリー

大人が求める品質と

使えるリアルさと洗練を

手が届く価格で


-------------------------------------------------------

DESIGNER PROFILE

髙津英里香 ERICA TAKATSU

神奈川県出身。

大学卒業後、IT企業に就職しホームページ制作に携わる。

事業譲渡により転籍。

日本各地、世界各国を旅をしながら、

働くことの価値観や考え方が大きく変わる。


2013年 Larimarというショップ名でオンラインストア開設

2018年 LARICAに変更し再スタート

2019年 横浜ランドマークタワーにオフィス移転

2020年 株式会社LARICA設立

-------------------------------------------------------


人生には転機があります。

そこには出会いがつきものです。

人であったり、景色であったり、経験であったり、

出会ったものの存在で、人生は大きく変わります。

私が出会ったのは、Larimar(ラリマー)という石でした。



深く悩んだとき、答えを探すように出かける一人旅は、

なぜかいつも沖縄です。

青い空とあおい海、そして白い砂浜、

ひとり、その景色の中に身をゆだねて過ごす時間は、

自分の悩みを小さなものに感じさせ、

こころは少しずつ未来と向き合いはじめます。

Larimarはそんな景色を閉じこめたかのような石で、

新しい一歩を踏み出す力を与えてくれます。



アクセサリーをつくる道を選んだ私にとって、

Larimarはきっかけであり、支えです。

いつも私に力を与えてくれる存在です。

そのLarimarの頭文字からとったLを、

一つのアクセサリーのデザインに落とし込んで、

LARICAのロゴのモチーフにしています。

このアクセサリーのデザインは、

LarimarをあらわすLと、螺旋状の円とで成り立っています。

この円は、私の仕事に対する姿勢と願いを現しています。



LARICAを運営する私の毎日は、

みなさんが想像するような刺激的なものではありません。

格好良さもなければ、優雅なものでもなく、

そこにあるのは、単調さであり、不安です。

新しいデザインを生み出し続けることができるのか、

自分の作ったものがみなさんに受け入れられるのか、

そんな不安におしつぶされてしまいそうな毎日です。



新しいアクセサリーをつくっては、

それを写真に収め、お披露目します。

いただいたご注文に一喜一憂して、

心を込めて送り出します。

去年も、今年も、来年も、ずっとその連続です。

その連続の中で、ふと自分を見つめたとき、

私は頑張ることができているのか、

成長することができているのかと、

自問自答がはじまります。

不安に駆られるときの自分は、

同じところをぐるぐると回っているかのようです。

これまでも、これからも、ずっと同じところを回り続けます。

でも、そこに成長があると信じていたい。

少し前の自分とは何かが変わっていて、

新しい自分になっているのだと思いたいのです。



大切な軸をぶらすことなく、

黙々と仕事にむきあい動き続けることが、

同じように見える毎日や、自信のない自分を、

少しずつ変化させ、成長させること。

それが私の仕事に対する姿勢であり、願いです。

その様子を、この螺旋の円にこめています。



このように、LARICAのロゴは、

私に力を与えてくれるLarimarの存在と、

不安にたちむかうための仕事観とを表現した、

空想のアクセサリーをモチーフにしています。